文字サイズを変更する
  • 小
  • 中
  • 大

会社情報

fr06000

ニュースリリース 合理的な保険料の自動車保険ならソニー損保

ソニー損保トップ会社情報ニュースリリース

ニュースリリース

2020年3月期 第2四半期(中間期)決算の概要について

2019年11月12日
 

ソニー損害保険株式会社(代表取締役社長:丹羽 淳雄、本社:東京都大田区、以下「ソニー損保」)の2020年3月期中間期(2019年4月1日~2019年9月30日)の決算の概要について、別紙のとおりお知らせします。なお、業績の状況は以下のとおりです。


[別紙]
・経営成績、ほか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P1
・中間貸借対照表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P2
・中間損益計算書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P3
・中間株主資本等変動計算書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P4
・中間キャッシュ・フロー計算書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P5
・損益状況の対前期比較・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P6
・種目別保険料・保険金・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P7
・リスク管理債権・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P7
・有価証券関係・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P8
・単体ソルベンシー・マージン比率・・・・・・・・・・・・・・・・・P9


 

業績の状況


20191112_01r.JPG◆ 正味収入保険料、経常収益

主力商品である自動車保険で保有契約件数が伸びた結果、正味収入保険料は前年同期より4.9%増の59,307百万円、経常収益は前年同期より5.0%増の60,672百万円となりました。

 

 

 経常利益、中間純利益

経常利益は前年同期より5.9%増の5,770百万円、中間純利益は前年同期より5.6%増の4,111百万円となりました。

 

 

 E.I.損害率と正味事業費率の合算率

E.I.損害率は、事故率の低下などにより前年同期より0.6ポイント低下し60.6%となりました。正味事業費率は前年同期から0.5ポイント上昇の25.6%となり、E.I.損害率と正味事業費率を合わせた合算率は前年同期から0.1ポイント低下し86.2%となりました。

 

 単体ソルベンシー・マージン比率

単体ソルベンシー・マージン比率は、2019年9月末現在で2019年3月末より63.2ポイント上昇し、876.2%となりました。保険金の支払能力に問題がないとされる基準である200%を大きく上回る、十分な支払余力を保持しています。

* 単体ソルベンシー・マージン比率の算出方法や内訳については、別紙(P9)をご確認ください。

 

 

【参考情報】

20191112_02r.JPG◆修正経常利益(*2)

損益の実態を示す管理指標として社内で使用している修正経常利益は、前年同期より6.1%増加し7,683百万円となりました。


◆コンバインド・レシオ

正味損害率(*3)は、前年同期から1.2ポイント上昇し55.8%となりました。正味事業費率は前年同期から0.5ポイント上昇し25.6%で、正味損害率と正味事業費率を合わせたコンバインド・レシオは、前年同期から1.7ポイント上昇し、81.4%となりました。

(*1) E.I.損害率(アーンド・インカード損害率)は、損害率を発生ベースで表したものです。
 E.I.損害率=(正味支払保険金+支払備金繰入額+損害調査費)÷既経過保険料

(*2) 修正経常利益は社内管理指標ですが、異常危険準備金の繰入額・戻入額の影響を除いた損益の実態をご理解いただくため、参考情報として開示します。
 修正経常利益=経常利益+異常危険準備金繰入額
※ 異常危険準備金戻入の場合は、「異常危険準備金繰入額」はマイナスとなります。
※ 異常危険準備金は、異常災害による高額の保険金支払に備えるため、毎決算期に保険種類ごとに収入保険料の一定割合を積立てるもので、異常災害が発生した年度に取崩します。


(*3) 正味損害率は、損害率を支払ベースで表したものです。
 正味損害率=(正味支払保険金+損害調査費)÷正味収入保険料

 

 


20191112_03.gif2020年3月期第2四半期(中間期)決算概要(別紙)


 

(注)以上の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。


 

最新のニュースリリース

過去のニュースリリース

▲ページトップへ