Menu

PCサイトトップヘ

ソニー損保トップトピックス2018年度 > そらべあ基金が、ソニー損保の寄付による「そらべあ発電所」の設置を希望する幼稚園・保育園を、3園同時に募集します。

トピックス

ニュースリリース

ソニー損保からのお知らせ

2018年度トピックス

以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。
以下の内容は掲載当時のもので、
現在と異なる場合がございます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前へ |
2018年07月06日

そらべあ基金が、ソニー損保の寄付による「そらべあ発電所」の設置を希望する幼稚園・保育園を、3園同時に募集します。

ソニー損害保険株式会社(代表取締役社長:丹羽 淳雄、本社:東京都大田区、以下「ソニー損保」)は、再生可能エネルギーの普及活動や環境教育を行うNPO法人そらべあ基金(代表:冨田秀実氏、所在地:東京都港区、以下「そらべあ基金」)を通じて、全国の幼稚園・保育園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈する取組みを続けています。

このたび、ソニー損保からの寄付金(*1)による計3基の太陽光発電設備「そらべあ発電所」の寄贈が決まり、2018年7月6日(金)から、そらべあ基金が寄贈先の募集を開始しましたのでお知らせします。

「そらべあ発電所」設置を希望される、幼稚園・保育園の関係者の皆さまからのご応募をお待ちしております。詳しくはそらべあ基金のウェブサイトをご確認ください。

募集概要

■募集期間
2018年7月6日(金)〜2018年9月7日(金)※そらべあ基金に応募書類必着

■応募方法
応募書類の提出先はそらべあ基金となります。そらべあ基金のウェブサイトをご確認のうえ、所定の方法でご応募ください。(*2)
https://www.solarbear.jp/application/

■寄贈内容
・太陽光発電設備 3基(1園につき1基)
※3kw相当品、設備一式で約300万円相当。太陽光パネル、パワーコンディショナー、室内モニター、工事費用一式を含みます。設置場所の補強といった特別な場合を除き、取付けに必要な工事費用は全て無償です。
・そらべあ物語の紙芝居(1園につき1冊)
・そらべあ絵本(園児の皆さん全員)

■応募資格
小学校就学以前の児童向け教育・保育施設であれば、公立・私立などは問いません。

■寄贈時期
2018年12月以降順次(予定)

 

■太陽光発電設備「そらべあ発電所」設置イメージ

20180706_01.JPG

■「そらべあ発電所」これまでの寄贈実績

ソニー損保では、これまでに合計22基の「そらべあ発電所」を全国の幼稚園・保育園に寄贈しており、今回の募集により寄贈数は計25基となります。今後も、「そらべあ発電所」を幼稚園・保育園に寄贈していくことで、子どもたちの環境に対する関心を高めるためのサポートを続けます。

20180706_03.JPG

ソニー損保が過去に寄贈した「そらべあ発電所」の概要については、当社エコロジーサイト掲載の「活動レポート」をご参照ください。



<本文の注記>
(*1)ソニー損保は、自動車保険の「保険料は走る分だけ」という商品特性を生かした「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の運営を通じてそらべあ基金に寄付を行っています。お客様が契約を継続されるときに、前年の実際に走った距離が予想年間走行距離を下回っていた場合、車の運転によるCO2排出量が予定より減って環境保全に貢献されたと考えられます。「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」は、ご契約者の環境保全への貢献に呼応する形で、走らなかった距離の総合計100kmにつき1円をソニー損保がそらべあ基金に寄付をするものです。

(*2)「そらべあ発電所」寄贈先は、そらべあ基金が選定します。なお、同基金では、賛同企業からの寄付をもとに「そらべあ発電所」を全国の幼稚園や保育園に寄贈する取組みを「そらべあスマイルプロジェクト」と称しているため、リンク先のタイトルは「そらべあスマイルプロジェクト」となっています。

ソニー損害保険株式会社(代表取締役社長:丹羽 淳雄、本社:東京都大田区、以下「ソニー損保」)は、再生可能エネルギーの普及活動や環境教育を行うNPO法人そらべあ基金(代表:冨田秀実氏、所在地:東京都港区、以下「そらべあ基金」)を通じて、全国の幼稚園・保育園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈する取組みを続けています。

このたび、ソニー損保からの寄付金(*1)による計3基の太陽光発電設備「そらべあ発電所」の寄贈が決まり、2018年7月6日(金)から、そらべあ基金が寄贈先の募集を開始しましたのでお知らせします。

「そらべあ発電所」設置を希望される、幼稚園・保育園の関係者の皆さまからのご応募をお待ちしております。詳しくはそらべあ基金のウェブサイトをご確認ください。

募集概要

■募集期間
2018年7月6日(金)〜2018年9月7日(金)※そらべあ基金に応募書類必着

■応募方法
応募書類の提出先はそらべあ基金となります。そらべあ基金のウェブサイトをご確認のうえ、所定の方法でご応募ください。(*2)
https://www.solarbear.jp/application/

■寄贈内容
・太陽光発電設備 3基(1園につき1基)
※3kw相当品、設備一式で約300万円相当。太陽光パネル、パワーコンディショナー、室内モニター、工事費用一式を含みます。設置場所の補強といった特別な場合を除き、取付けに必要な工事費用は全て無償です。
・そらべあ物語の紙芝居(1園につき1冊)
・そらべあ絵本(園児の皆さん全員)

■応募資格
小学校就学以前の児童向け教育・保育施設であれば、公立・私立などは問いません。

■寄贈時期
2018年12月以降順次(予定)

■太陽光発電設備「そらべあ発電所」設置イメージ
(添付の画像をご参照ください)

■「そらべあ発電所」これまでの寄贈実績

ソニー損保では、これまでに合計22基の「そらべあ発電所」を全国の幼稚園・保育園に寄贈しており、今回の募集により寄贈数は計25基となります。今後も、「そらべあ発電所」を幼稚園・保育園に寄贈していくことで、子どもたちの環境に対する関心を高めるためのサポートを続けます。

ソニー損保が過去に寄贈した「そらべあ発電所」の概要については、当社エコロジーサイト掲載の「活動レポート」をご参照ください。



<本文の注記>
(*1)ソニー損保は、自動車保険の「保険料は走る分だけ」という商品特性を生かした「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の運営を通じてそらべあ基金に寄付を行っています。お客様が契約を継続されるときに、前年の実際に走った距離が予想年間走行距離を下回っていた場合、車の運転によるCO2排出量が予定より減って環境保全に貢献されたと考えられます。「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」は、ご契約者の環境保全への貢献に呼応する形で、走らなかった距離の総合計100kmにつき1円をソニー損保がそらべあ基金に寄付をするものです。

(*2)「そらべあ発電所」寄贈先は、そらべあ基金が選定します。なお、同基金では、賛同企業からの寄付をもとに「そらべあ発電所」を全国の幼稚園や保育園に寄贈する取組みを「そらべあスマイルプロジェクト」と称しているため、リンク先のタイトルは「そらべあスマイルプロジェクト」となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

FEEL THE Difference この違いが、保険を変えていく。