ソニー損保

ソニー損保トップニュースリリース2020年度 > ソニー損保の運転特性連動型自動車保険「GOOD DRIVE」、 「Yahoo!カーナビ」の新機能と連携したご案内を開始

トピックス

ニュースリリース

ソニー損保からのお知らせ

2020年度ニュースリリース

以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。
以下の内容は掲載当時のもので、
現在と異なる場合がございます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前へ | | 次へ
2020年05月12日

ソニー損保の運転特性連動型自動車保険「GOOD DRIVE」、 「Yahoo!カーナビ」の新機能と連携したご案内を開始

ソニー損害保険株式会社(代表取締役社長:丹羽 淳雄、本社:東京都大田区、以下「ソニー損保」)は、2020年5月12日より、ヤフー株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:川邊 健太郎、以下「Yahoo! JAPAN」)のスマートフォン向けアプリ「Yahoo!カーナビ」で、ソニー損保の「GOOD DRIVE」(*1)専用サイトへのご案内を開始します。(*2)

「GOOD DRIVE」は、スマートフォンで計測した運転特性データ(*3)から事故リスクを推定し、その結果に応じて保険料を最大30%キャッシュバックする(*4) AIを活用した運転特性連動型自動車保険で、2020年3月18日から販売しています。(*5)

今回の取組みは、「Yahoo!カーナビ」に、「ドライブ記録」機能(*6)が新たに追加されることに合わせて開始するものです。「ドライブ記録」機能には、「GOOD DRIVE」と同じアルゴリズムを用いた、ドライバーの安全運転度合いなどを“ドライブランク”として表示する仕組みが搭載されており、“ドライブランク”を確認することで「GOOD DRIVE」で運転特性を計測した場合の運転スコアやキャッシュバック率の目安がわかります。また、“ドライブランク”表示ページで、ソニー損保の「GOOD DRIVE」専用サイトをご案内しているため、お客様は、「Yahoo!カーナビ」に表示される“ドライブランク”を参考に、すぐに「GOOD DRIVE」の見積り・申込みのお手続きをしていただくことも可能です。

20200512_01.JPG

「GOOD DRIVE」は、事故リスクの低い運転をされたお客様にキャッシュバックのインセンティブを提供することで、お客様の事故リスクの低減、ひいては交通事故の少ない社会の実現への貢献を目指した商品です。
今回、ダウンロード数が1700万を超え(*7)多くの方が利用される「Yahoo!カーナビ」を通じて「GOOD DRIVE」をご案内することで、自動車事故をさらに減らし、交通事故の少ない社会の実現により一層貢献できるものと考えています。

 

(*1)「GOOD DRIVE」はソニー損保の登録商標です。
(*2)  iPhone版、Android版ともに「Yahoo!カーナビ」アプリで「GOOD DRIVE」専用サイトへのご案内を開始しますが、Android版については一部の端末から開始し、順次対象端末を拡大していく予定です。

(*3) ここでは、「アクセル、ブレーキ、ハンドル、スマートフォンの操作状況」を「運転特性」と称しています。
(*4) 保険料のキャッシュバックは、「保険始期日より270日以上が経過していること」「累積の計測時間が20時間以上であること」「キャッシュバックが0%でないこと」を満たすことを条件としています。
(*5)「GOOD DRIVE」はスマートフォン専用商品のため、見積り・申込みはスマートフォンの「GOOD DRIVE」専用サイトからお手続きいただきます。
(*6)「Yahoo!カーナビ」に新たに追加された「ドライブ記録」機能については、Yahoo! JAPANによる2020年5月12日付のニュースリリースをご参照ください。(Yahoo!JAPANのサイトにリンクします)
(*7) Yahoo! JAPANの2020年3月17日付の調査によります。


20200512_02a.JPG

 

ソニー損害保険株式会社(代表取締役社長:丹羽 淳雄、本社:東京都大田区、以下「ソニー損保」)は、2020年5月12日より、ヤフー株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:川邊 健太郎、以下「Yahoo! JAPAN」)のスマートフォン向けアプリ「Yahoo!カーナビ」で、ソニー損保の「GOOD DRIVE」(*1)専用サイトへのご案内を開始します。(*2)

「GOOD DRIVE」は、スマートフォンで計測した運転特性データ(*3)から事故リスクを推定し、その結果に応じて保険料を最大30%キャッシュバックする(*4) AIを活用した運転特性連動型自動車保険で、2020年3月18日から販売しています。(*5)

今回の取組みは、「Yahoo!カーナビ」に、「ドライブ記録」機能(*6)が新たに追加されることに合わせて開始するものです。「ドライブ記録」機能には、「GOOD DRIVE」と同じアルゴリズムを用いた、ドライバーの安全運転度合いなどを“ドライブランク”として表示する仕組みが搭載されており、“ドライブランク”を確認することで「GOOD DRIVE」で運転特性を計測した場合の運転スコアやキャッシュバック率の目安がわかります。また、“ドライブランク”表示ページで、ソニー損保の「GOOD DRIVE」専用サイトをご案内しているため、お客様は、「Yahoo!カーナビ」に表示される“ドライブランク”を参考に、すぐに「GOOD DRIVE」の見積り・申込みのお手続きをしていただくことも可能です。

※添付画像をご参照ください。

「GOOD DRIVE」は、事故リスクの低い運転をされたお客様にキャッシュバックのインセンティブを提供することで、お客様の事故リスクの低減、ひいては交通事故の少ない社会の実現への貢献を目指した商品です。
今回、ダウンロード数が1700万を超え(*7)多くの方が利用される「Yahoo!カーナビ」を通じて「GOOD DRIVE」をご案内することで、自動車事故をさらに減らし、交通事故の少ない社会の実現により一層貢献できるものと考えています。

 

(*1)「GOOD DRIVE」はソニー損保の登録商標です。
(*2)  iPhone版、Android版ともに「Yahoo!カーナビ」アプリで「GOOD DRIVE」専用サイトへのご案内を開始しますが、Android版については一部の端末から開始し、順次対象端末を拡大していく予定です。

(*3) ここでは、「アクセル、ブレーキ、ハンドル、スマートフォンの操作状況」を「運転特性」と称しています。
(*4) 保険料のキャッシュバックは、「保険始期日より270日以上が経過していること」「累積の計測時間が20時間以上であること」「キャッシュバックが0%でないこと」を満たすことを条件としています。
(*5)「GOOD DRIVE」はスマートフォン専用商品のため、見積り・申込みはスマートフォンの「GOOD DRIVE」専用サイトからお手続きいただきます。
(*6)「Yahoo!カーナビ」に新たに追加された「ドライブ記録」機能については、Yahoo! JAPANによる2020年5月12日付のニュースリリースをご参照ください。(Yahoo!JAPANのサイトにリンクします)
(*7) Yahoo! JAPANの2020年3月17日付の調査によります。

 

当社では、損害保険事業を通じた価値創出、および、価値創出のための基盤強化を通じた、SDGs(持続可能な開発目標)の達成への貢献も目指しています。主に貢献できるSDGsの目標については、添付の画像をご参照ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ