Menu

PCサイトトップヘ

ソニー損保トップトピックスリサーチレポート > ソニー損保、「秋のドライブとB級グルメに関する調査」

トピックス

ニュースリリース

ソニー損保からのお知らせ

リサーチレポート

以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。
以下の内容は掲載当時のもので、
現在と異なる場合がございます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前へ | | 次へ
2010年09月15日

ソニー損保、「秋のドライブとB級グルメに関する調査」

 

食べたことがあるB級ご当地グルメ
1位「富士宮やきそば」 2位「あかし玉子焼き」 3位「静岡おでん」

SA・PAで無性に食べたくなるもの 女性の約8割が「ソフトクリーム」

この秋、友達と行楽地に出かける時に乗りたい車は?
男性1位「エルグランド」、女性1位「BMW」



「保険料は走る分だけの自動車保険」でおなじみのソニー損害保険株式会社(URL:http://www.sonysonpo.co.jp/ 本社:東京都大田区蒲田5-37-1 アロマスクエア11F、代表取締役社長 山本真一)は、2010年8月27日〜8月30日の4日間、月に1回以上自動車を運転する18歳〜59歳の男女に対し、秋のドライブとB級グルメに関する調査をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効回答を得ました。
 

アンケート総括

 

◆ 秋のドライブで楽しみたいもの 「温泉」と「食事」が人気

◆ 目的地に着くまでの楽しみは「その土地の食べ物を食べる」7割弱

 

月に1回以上自動車を運転する18歳〜59歳の男女1,000名に、秋のドライブと一緒に楽しみたいものを複数回答で聞いたところ、「温泉」(73.8%)と「食事」(73.3%)がともに7割を超え、続いて「紅葉」(59.9%)、「くだもの狩り」(36.6%)、「夜景」(36.4%)となりました。

年代別にみると、50代では「温泉」が79.0%、20代では「食事」が79.0%と、8割近くになっています。また、「夜景」は10代・20代で54.8%・55.1%となっており、半数以上がドライブとともに夜景を楽しみたいと考えているようです。(図1)

次に、目的地に着くまでの道のりで、何を楽しみにしているか複数回答で聞いたところ、「その土地の食べ物を食べる」が最も多く68.4%となりました。続いて「きれいな景色を観賞する」58.3%、「地域の特産品を買う」57.1%、「観光名所を巡る」54.5%、「SA・PAに立ち寄る」50.2%となりました。「どこにも寄らず、できるだけ早く目的地に着きたい」は2.8%と少なく、目的地に着くまでの道のりも楽しみにしている人が多いようです。(図2)


◆ ドライブの途中で立寄った飲食店は「雑誌」で知った 5割半ば

◆ ドライブの途中で取った食事をブログにアップした経験 10代で4割強

 

全回答者1,000名に対し、ドライブの途中で、その土地の名産品を取扱う店や有名な店に、食事に立寄った際、そのお店をどのようにして知ったかを複数回答で聞いたところ、「ドライブ中に目に入った」62.6%、「雑誌」55.5%、「パソコンのインターネットサイト」45.2%となりました。「携帯のインターネットサイト」では、10代で32.6%、20代で34.1%となっており、10代・20代では、3人に1人が携帯のインターネットからお店の情報を得ていることがわかりました。(図3)

また、「パソコンのインターネットサイト」では男性50.0%、女性40.4%と男性のほうが高く、「テレビ番組」(男性32.6%、女性42.4%)、「友人・知人の口コミ」(男性26.8%、女性36.8%)では、女性のほうが高くなっています。(図4)

次に、ドライブの途中でその土地の名産品を取扱う店や有名な店に食事に立寄ったことがある985名に対し、その時に食べた物の写真・感想をインターネット上に投稿したことがあるサイトを聞いたところ、投稿経験者は約3割となりました。投稿したことがあるサイトで最も多かったのは「自分のブログ」で18.5%、次に「SNSサイト」13.4%、「Twitter」5.1%、「食べログ」5.0%となっています。

年代別にみると、10代・20代で投稿率が高く、特に10代では「自分のブログ」が43.4%、「Twitter」13.2%と他の年代よりも高くなっています。(図5)


◆ この人がオススメしていたらぜひ食べてみたい! 1位 まいう〜の「石塚英彦」さん
 

最近ではテレビ番組や雑誌のほか、インターネット上でもさまざまなお店が紹介され、どのお店がよいか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで、全回答者1,000名に対し、この人がオススメしていたらぜひ食べてみたい、と思うタレントを1人だけ自由回答で聞いたところ、1位は"まいう〜"でおなじみの「石塚英彦」さん(174名)となりました。2位は"大食いクイーン"のキャッチコピーを持つ「ギャル曽根」さん(45名)、3位は独特のセリフでグルメリポートを行う「彦摩呂」さん(43名)となっています。(図6)


◆ SA・PAで無性に食べたくなるもの 女性の約8割が「ソフトクリーム」

◆ オススメのSA・PAの食べ物は...?

 

高速道路を1年に1回以上利用する703名に対し、高速道路のSA(サービスエリア)・PA(パーキングエリア)で、無性に食べたくなる食べ物を複数回答で聞いたところ、1位「ソフトクリーム」(67.3%)となりました。「ソフトクリーム」は特に女性での人気が高く、78.2%と8割近くにのぼりました。2位以下は「ラーメン」(26.6%)、「フランクフルト」(26.0%)、「たこ焼き」(24.8%)、「串焼き」(22.9%)、「アメリカンドック」(22.8%)となっています。(図7)

また、オススメのSA・PAの食べ物を自由回答で聞いたところ、海老名SA(東名高速道路)の「メロンパン」や、佐野SA(東北自動車道)の「ラーメン」、横川SA(上信越自動車道)の「釜めし」などが挙げられました。そのほかにも、三芳PA(関越自動車道)の「いも恋」、浜名湖SA(東名高速道路)の「アイスコルネット」、西紀SA(舞鶴若狭自動車道)の「黒豆パン」など、さまざまなオススメの食べ物があるようです。


◆ 食べたことがあるB級ご当地グルメ
1位「富士宮やきそば」 2位「あかし玉子焼き」 3位「静岡おでん」


 

今月(2010年9月)18日(土)19日(日)には、神奈川県厚木市でB級ご当地グルメの祭典、B-1グランプリが開催され、全国各地のB級グルメの日本一が決まります。

そこで、全回答者1,000名に対し、今年のB-1グランプリに出展する46種類のB級ご当地グルメから、今までに食べたことがあるものを複数回答で聞いたところ、1位「富士宮やきそば(静岡県 富士宮市)」(28.0%)、2位「あかし玉子焼(兵庫県 明石市)」(15.1%)、3位「静岡おでん(静岡県 静岡市)」(12.8%)となりました。(図8)

居住地別で1位をみると、北海道・東北地方では「横手やきそば(秋田県 横手市)」、関東地方と中部地方では「富士宮やきそば(静岡県 富士宮市)」、近畿地方では「あかし玉子焼(兵庫県 明石市)」、中国・四国地方では「津山ホルモンうどん(岡山県 津山市)」、九州・沖縄地方では「小浜ちゃんぽん(長崎県 雲仙市)」となっています。(図9)


◆ 車中泊経験 30代・40代で7割
 

全回答者1,000名に対し、車中泊の経験を聞いたところ、「したことがある」60.0%、「したことはない」40.0%となり、6割の人が車中泊を経験していました。

年代別でみると、30代・40代で車中泊経験者が多く、30代で69.5%、40代で68.2%と約7割となっています。特に30代男性で78.4%、40代男性で79.6%と、車中泊経験者は8割近くにのぼりました。(図10)


◆ この秋、友達と行楽地に出かける時乗りたい車は?
男性1位「エルグランド」、女性1位「BMW」

 

全回答者1,000名に対し、この秋、友達と行楽地に出かける時に乗りたい車を複数回答で聞いたところ、1位「エルグランド(日産)」(33.5%)となりました。2位「BMW」(30.6%)、3位「アルファード(トヨタ)」(27.8%)、4位「メルセデスベンツ」(25.6%)、5位「プリウス(トヨタ)」(24.5%)となりました。

男女別にみると、男性では1位「エルグランド(日産)」、2位「BMW」、3位「アルファード(トヨタ)」、女性では1位「BMW」、2位「プリウス(トヨタ)」、3位「エルグランド(日産)」となっています。(図11)




(図1)

20100915_01.jpg


 

(図2)

20100915_02.jpg


 

(図3)

20100915_03.jpg


 

(図4)

20100915_04.jpg

 

(図5)

20100915_05.jpg

 


(図6)

20100915_06.jpg


 

(図7)

20100915_07.jpg


 

(図8)

20100915_08.jpg


 

(図9)

20100915_09.jpg


 

(図10)

20100915_10.jpg


 

(図11)

20100915_11.jpg


 








 

◆調査概要◆

◆調査タイトル:秋のドライブとB級グルメに関する調査
◆調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする
月に1回以上自動車を運転する18歳〜59歳の男女
◆調査期間:2010年8月27日〜8月30日
◆調査方法:インターネット調査(モバイルリサーチ)
◆調査地域:全国
◆有効回答数:1,000サンプル(有効回答母数から1,000サンプルを抽出)
◆実施機関:ネットエイジア株式会社
 
調査協力会社:ネットエイジア株式会社  担当:渡邊

■■報道関係者様へのお願い■■
本ニュースレターの内容の転載にあたりましては、「ソニー損保調べ」と付記のうえご使用くださいますよう、お願い申し上げます。


本調査に関するお問合せ窓口

 ダイレクトマーケティング部 宮下
 TEL 03-5744-8914
 Eメール miyashita-t@sonysonpo.co.jp
 受付時間:9時〜17時30分(月〜金)

 

会社概要

■会社名:ソニー損害保険株式会社
■代表者名:代表取締役社長 山本真一
■設立:1998年6月10日
(ソニーインシュアランスプランニング株式会社として設立)
■所在:東京都大田区蒲田5-37-1 アロマスクエア11F
■業務内容:損害保険業

 

ソニー損保のスローガンは『"Feel the Difference"〜この違いが、保険を変えていく。〜』です。
お客様にとって価値ある「違い=Difference」をビジネスのあらゆる領域において創造し、お客様に提供していこうという私たちの意思を表しています。
また、お客様にとって少しでも価値ある情報を提供できるよう、「お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト」を設置して、お客様の評価お客様の声担当者の取組み(不満ゼロへの挑戦)保険に関するさまざまな情報(保険プロムナード)を提供しています。ソニー損保ならではの違いを感じていただければ幸いです。


会社および商品の詳細は http://www.sonysonpo.co.jp/ をご覧ください。


上記のPDF版はこちらからダウンロードしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

FEEL THE Difference この違いが、保険を変えていく。