Menu

PCサイトトップヘ

ソニー損保トップトピックスリサーチレポート > ソニー損保、「新成人のカーライフ意識調査」

トピックス

ニュースリリース

ソニー損保からのお知らせ

リサーチレポート

以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。
以下の内容は掲載当時のもので、
現在と異なる場合がございます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前へ | | 次へ
2010年01月29日

ソニー損保、「新成人のカーライフ意識調査」


新成人のカーライフ、都市部と地方の差は歴然、「車離れ」地方は関係なし?

新成人男性が欲しい車 1位「BMW」2位「プリウス」
新成人女性が欲しい車 1位「マーチ」2位「キューブ」

新成人同士、一緒にドライブに行きたい 1位「南 明奈」さん

「保険料は走る分だけの自動車保険」でおなじみのソニー損害保険株式会社 URL:http://www.sonysonpo.co.jp/ 本社:東京都大田区蒲田5-37-1 アロマスクエア11F、代表取締役社長 山本真一)は、2010年1月14日〜1月18日の5日間、新成人(1989年4月2日〜1990年4月1日生まれの男性435名、女性565名)に対し、「新成人のカーライフ意識調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効回答を得ました。
 

アンケート総括

◆ 新成人の自動車免許取得率 男性59.3%女性46.2%
◆ 「若年層の車離れ」地方は関係なし?
◆ あなたにとって車とは?


新成人(1989年4月2日〜1990年4月1日生まれ)1,000名に、現在の自動車免許取得状況を聞いたところ、「自動車免許を持っている」は51.9%と、新成人の約半数が自動車免許を持っていることがわかりました。(図1)

男女別にみると、男性59.3%、女性46.2%で男性のほうが免許取得率は高く、特に「地方」(※)に住む男性では、61.7%となっています。また「都市部」(※)に住む女性では、免許取得率は30.9%と最も低く、反対に「取得する予定はない」は25.2%と、4人に1人は運転免許を取らないようです。

※市・区における人口ランキングの上位(1位〜8位)の北海道(札幌市)、東京都(23区)、神奈川県(横浜市)、愛知県(名古屋市)、京都府(京都市)、大阪府(大阪市)、兵庫県(神戸市)、福岡県(福岡市)を「都市部」とし、それ以外を「地方」とした。


運転免許を持っている519名に、車の所有の有無を聞いたところ、「自分の車がある」21.0%、「自分の車も家族と共用の車もある」2.9%と、合計23.9%が自分の車を所有していました。(図2)

居住地別にみると、「地方」に住む人のほうが自分の車の所有率は高く、「都市部」に住む人は13.2%であるのに対し、「地方」に住む人は26.2%と13.0ポイント高い結果となりました。特に男性については、「都市部」に住む人が11.3%、「地方」に住む人が29.2%と、17.9ポイントの差が見られました。


運転免許取得者で、自分の車を持っていない395名に、今後、自分の車(バイクを除く)を購入したいと思うか聞いたところ、「購入予定がすでにある」8.1%、「購入予定はないが、いずれ購入したい」65.1%と、合計73.2%が車の購入を考えているようでした。(図3)

居住地別にみると、「地方」に住む人のほうが車を購入したいと考えているようで、特に男性は、「都市部」に住む人は購入予定6割強(61.7%)となっているのに対し、「地方」に住む人は購入予定8割強(82.1%)という大きな地域差が見られました。
一方、車を購入しないと回答した人の割合は「都市部」(20.3%)が「地方」(10.1%)に比べて高くなっていました。
これらのことから、新成人においては、いわゆる「若年層の車離れ」は地方ではそれほど見られず、都市部に限ったものかもしれません。

全回答者1,000名に、あなたにとっての車(バイクを除く)はどのような価値があるか、一番近いものを1つだけ聞いたところ、6割が「単なる移動手段としての道具」と回答しました。
次に多かったのは「家族・友人・恋人などとの時間に楽しみをもたらすもの」20.6%、「運転することそのものを楽しむもの」16.6%となりました。(図4)

「運転することそのものを楽しむもの」、「家族・友人・恋人などとの時間に楽しみをもたらすもの」の合計をみてみると、男性で44.2%、女性で31.9%となっており、女性よりも男性のほうが車を「楽しみをもたらすもの」としてとらえていることがわかりました。

また、自分の車がある124名では、「運転することそのものを楽しむもの」、「家族・友人・恋人などとの時間に楽しみをもたらすもの」の合計は45.1%となっており、車や免許を持っていない人よりも高くなっています。特に「運転することそのものを楽しむもの」が28.2%と、約3割が運転する楽しみを価値と考えているようです。



◆ 「買うなら新車」 3人に1人
◆ 車の購入費用 「全額現金」3割弱
◆ 車の購入費用 「親に出してもらう」4割強
自分の車がある新成人「親に全額出してもらった」4人に1人


免許取得者/取得予定者876名に、車を購入するなら、「新車」「中古車」のどちらを考えているか聞いたところ、「新車」32.6%、「中古車」30.3%、「わからない」27.6%となりました。
職種別にみると、学生では「新車」(34.5%)が、学生以外では「中古車」(40.5%)が高く、学生と学生以外では考えが分かれました。(図5)

車を購入する予定はないと回答した人以外の793名に、購入費用はどうする予定か/どうしたかを聞いたところ、約6割が「現金+ローン」と回答し、「全額現金」27.9%、「全額ローン」13.6%となりました。(図6)

また同様に、親などに購入費用を出してもらう予定か/出してもらったかの問いに対しては、「出してもらわない」が56.0%と最も高く、「一部出してもらう予定/出してもらった」が36.8%、「全額出してもらう予定/出してもらった」が7.2%となり、自分で車を購入しようという意識がうかがえました。
しかし、「自分の車がある」123名をみてみると、「全額出してもらった」26.0%となっており、4人に1人が全額出してもらっていることがわかりました。(図7)


親などに購入費用を出してもらう予定/出してもらった人にその金額を聞いたところ、「50万円未満」が半数以上の55.3%、「50万円-100万円未満」27.2%、「100万円-150万円未満」12.3%、「150万円以上」は5.2%となりました。(図8)

職業別にみると、学生では「50万円未満」52.4%、「50万円以上」47.6%、学生以外では「50万円未満」68.9%、「50万円以上」31.1%となっていました。



◆ 新成人男性が欲しい車 1位「BMW」2位「プリウス」
◆ 新成人女性が欲しい車 1位「マーチ」2位「キューブ」


車を購入する予定はないと回答した人以外の793名に、購入するならどの車がよいか聞いたところ、1位「キューブ」27.6%、2位「マーチ」22.8%、3位「BMW」19.9%となりました。(図9)

男女別にみると、男性では1位「BMW」27.0%、2位「プリウス」24.0%、3位「キューブ」21.0%、女性では「マーチ」33.7%、「キューブ」33.3%、「パッソ」31.6%がトップ3となり、女性の国産小型車人気がうかがえました。



◆ 親からの成人式のお祝い 「もらっていない/もらう予定はない」4割強
◆ 新成人同士、一緒にドライブに行きたい 1位「南明奈さん」


成人のお祝いに親からもらったものを複数回答で聞いたところ、「親からはお祝いをもらっていない/もらう予定はない」が42.3%でトップとなり、成人のお祝いはもらっていない人が多いようです。
次に多かったのは「現金」で31.4%。男性では「スーツ」24.4%、女性では「着物(和服)」19.3%が続き、成人式にも使えるものをもらう人も多かったようです。(図10)

同じ新成人(同じ学齢:1989年4月2日〜1990年4月1日生まれ)の有名人の中で、一緒にドライブに行きたい人を複数回答で聞いたところ、1位はアッキーナこと「南明奈さん【タレント】」31.6%、2位は2010年期待の俳優「岡田将生さん【俳優】」26.2%、3位は「溝端淳平さん【俳優】」23.0%となりました。1位の「南明奈さん【タレント】」は、女性でも3位(23.9%)に入っており、男女ともに人気があるようです。(図11)





(図1)


(クリックで拡大します)

(図2)


(クリックで拡大します)

(図3)


(クリックで拡大します)

(図4)


(クリックで拡大します)

(図5)


(クリックで拡大します)

(図6)


(クリックで拡大します)

(図7)


(クリックで拡大します)

(図8)


(クリックで拡大します)

(図9)


(クリックで拡大します)

(図10)


(クリックで拡大します)

(図11)


(クリックで拡大します)






◆調査概要◆

◆調査タイトル:新成人のカーライフ意識調査
◆調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする
新成人(1989年4月2日〜1990年4月1日生まれの男性435名、女性565名)
◆調査期間:2010年1月14日〜1月18日
◆調査方法:インターネット調査(モバイルリサーチ)
◆調査地域:全国
◆有効回答数:1,000サンプル(有効回答母数から1,000サンプルを抽出)
◆実施機関:ネットエイジア株式会社
 
調査協力会社:ネットエイジア株式会社  担当:渡邊

■■報道関係者様へのお願い■■
本ニュースレターの内容の転載にあたりましては、「ソニー損保調べ」と付記のうえご使用くださいますよう、お願い申し上げます。


本調査に関するお問合せ窓口

 ダイレクトマーケティング部 宮下
 TEL 03-5744-8914
 Eメール miyashita-t@sonysonpo.co.jp
 受付時間:9時〜17時30分(月〜金)

 

会社概要

■会社名:ソニー損害保険株式会社
■代表者名:代表取締役社長 山本真一
■設立:1998年6月10日
(ソニーインシュアランスプランニング株式会社として設立)
■所在:東京都大田区蒲田5-37-1 アロマスクエア11F
■業務内容:損害保険業

 

ソニー損保のスローガンは『“Feel the Difference”〜この違いが、保険を変えていく。〜』です。
お客様にとって価値ある「違い=Difference」をビジネスのあらゆる領域において創造し、お客様に提供していこうという私たちの意思を表しています。
また、お客様にとって少しでも価値ある情報を提供できるよう、「お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト」を設置して、お客様の評価お客様の声担当者の取組み(不満ゼロへの挑戦)保険に関するさまざまな情報(保険プロムナード)を提供しています。ソニー損保ならではの違いを感じていただければ幸いです。





会社および商品の詳細は http://www.sonysonpo.co.jp/ をご覧ください。



上記のPDF版はこちら(271kb)からダウンロードしてください。

【訂正とお詫び】
「親などに出してもらう予定/出してもらった自動車購入費用」の(図8)に誤りがございました。
以下のとおり訂正させていただきます。心よりお詫び申し上げます。

誤:全体(n=349)のうち 「100万円-150万円未満」14.6%
正:全体(n=349)のうち 「100万円-150万円未満」12.3%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

FEEL THE Difference この違いが、保険を変えていく。