文字サイズを変更する
  • 小
  • 中
  • 大

会社情報

 

ニュースリリース(2016年度) 合理的な保険料の自動車保険ならソニー損保

ソニー損保トップ会社情報ニュースリリース

ニュースリリース

前へ | | 次へ
 

自動車保険の新CMに、お笑いタレントのくりぃむしちゅーを起用

2016年07月22日
 

~上田晋也さんがソニー損保の自動車保険についてわかりやすく語る新CM「大講堂」篇・「研究室」篇 放映開始~

ソニー損害保険株式会社(東京都大田区、代表取締役社長:丹羽 淳雄、以下「ソニー損保」)は、 お笑いタレントのくりぃむしちゅーを起用した自動車保険の新テレビCM「大講堂」篇および「研究室」篇を、2016年7月23日より全国で放映開始します。

新テレビCM「大講堂」篇・「研究室」篇の共通テーマは、「ソニー損保DE ナットク!」。
くりぃむしちゅーの上田晋也さんが、ソニー損保の自動車保険がお客様から選ばれる理由や、合理的な保険料算出の仕組みといった商品の特長をわかりやすく紹介します。

相方の有田哲平さん、ソニー損保の自動車保険のイメージキャラクターを務める唐田えりかさんも出演し、CMをより際立たせます。

20160722_01a.JPG

 

◆◇◆  新CMおよびスペシャルサイトについて ◆◇◆

1. くりぃむしちゅーが出演する新CMのストーリー

■ 「大講堂」篇

とある大講堂に、ソニー損保の自動車保険をわかりやすくかみ砕いて説明する「カミクダキスト」として上田さんが登壇。ソニー損保の自動車保険が選ばれる理由を紹介します。
上田さんの講義を聴いている、有田さんと唐田さんのコミカルな反応にも注目です。

20160722_02.JPG


■ 「研究室」篇

ソニー損保の自動車保険を研究している、とある研究室に、「カミクダキスト」の上田さんが登場。ソニー損保の自動車保険の合理的な保険料算出の仕組みを説明します。
有田さんと唐田さんも、上田さんの助手としてミニカーで実演しながら説明をサポートします。

20160722_03.JPG

【上田さん演じる、カミクダキストとは?】

頼れる事故解決サービスや合理的な保険料算出の仕組みなど、ソニー損保の自動車保険が選ばれるナットクのポイントを、誰にでもわかりやすくかみ砕いて説明する語り手のこと。
 

2. くりぃむしちゅーの起用理由

お笑いタレントとしてだけでなく、テレビ番組などのMCとしても活躍されている上田晋也さん。「ソニー損保 DE ナットク!」のテーマのもと、親しみやすく説得力のある話しぶりで、当社の自動車保険の特長をわかりやすくかみ砕いて視聴者の皆様に伝えていただけるのではないかと考え、起用に至りました。相方の有田哲平さんも、ユーモアあふれるキャラクターで、CMをより際立たせる存在としてご出演いただいています。
 

3. CM撮影秘話

今回、初めてソニー損保のCMに登場していただいたくりぃむしちゅーのお二人。上田さんは、さすがしゃべりのプロフェッショナル。長台詞が続いても、ほぼ一発OKでした。有田さんと唐田さんはペアでの撮影シーンが多く、掛け合いの息もぴったり。カメラが回っていないところでも笑顔でお話しされていました。
 

4. 新CM放映エリア・放映スケジュール

2016年7月23日(土)より全国で放映します。


5. CMギャラリーに新CMを追加

新テレビCM「大講堂」篇・「研究室」篇をCMギャラリーに追加しました。新CMのほか、ソニー損保の自動車保険のCM一覧を公開しています。

URL  http://www.sonysonpo.co.jp/cm/ccmg002.html


6.CM連動スペシャルサイト ソニー損保の自動車保険説明ページ「ソニー損保DE ナットク!」を公開

20160722_04.JPGくりぃむしちゅー上田さんが、ソニー損保の自動車保険をわかりやすく解説したウェブページです。これを読めばあなたもきっとナットク!

URL  http://www.sonysonpo.co.jp/cm/ccmg100.html

ソニー損保では、くりぃむしちゅーのお二人と唐田さんが出演する新CMを通じて、自動車保険の商品・サービスの特長をより多くのお客様に、わかりやすくお伝えしていく予定です。

 

☆くりぃむしちゅー プロフィール☆
●上田晋也さん
生年月日 1970.5.7
出身地 熊本県
血液型 O型
サイズ 身長172㎝ 体重63㎏

●有田哲平さん
生年月日 1971.2.3
出身地 熊本県
血液型 ?型
サイズ 身長173㎝ 体重80㎏

☆唐田えりかさんプロフィール☆
生年月日1997.9.19
出身地 千葉県
血液型 A型
サイズ 身長167cm
趣味・特技 音楽鑑賞・書道


 

(注)以上の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。


 
▲ページトップへ

過去のニュースリリース

▲ページトップへ
« ニュースリリーストップへ