文字サイズを変更する
  • 小
  • 中
  • 大

会社情報

 

ニュースリリース(2020年度) 合理的な保険料の自動車保険ならソニー損保

ソニー損保トップ会社情報ニュースリリース

ニュースリリース

前へ | | 次へ
 

HDI格付けベンチマーク2020年【損害保険業界】の格付けにおいて、「Webサポート格付け」「問合せ窓口格付け」ともに、最高評価の三つ星を獲得

2020年11月04日
 

~「Webサポート(ウェブサイト)格付け」は11年連続、「問合せ窓口(カスタマーセンター)格付け」は2年連続9回目の三つ星獲得となりました。~

 

ソニー損害保険株式会社(代表取締役社長:丹羽 淳雄、本社:東京都大田区、以下「ソニー損保」)は、サポートサービス業界の国際機関HDI (*1) の日本における組織HDI-Japan(運営会社:シンクサービス株式会社)が主催する、2020年【損害保険業界】の格付けにおいて、「Webサポート(ウェブサイト)格付け」「問合せ窓口(カスタマーセンター)格付け」(*2) の、両部門ともに最高評価である『三つ星』を獲得しました。
 
「Webサポート(ウェブサイト)格付け」の三つ星獲得は11年連続、「問合せ窓口(カスタマーセンター)格付け」の三つ星獲得は2年連続9回目です。
 
ソニー損保では、「お客さま本位の業務運営方針」を定め、お客様にとって快適で、価値を感じていただけるサービスや商品の提供に努めています。このたびの評価結果を励みに、今後も、顧客価値最大化を目指し、お客様の声に真摯に耳を傾けて品質向上に取組んでまいります。
 
なお、「お客さま本位の業務運営方針」および各年度の主な取組状況については、ウェブサイトで公表しています。
 
 

【HDIによる、ソニー損保の評価】


■ Webサポート(ウェブサイト)

・コンテンツはすぐ見つけることができ、イラストなどを多用した内容は理解しやすく、より掘り下げた情報もある。
・情報量が多く分かりやすいFAQや、保険料の試算中にも利用できるチャットなど、利便性の高いセルフヘルプの選択肢がある。
・センターとの連携度も良い。
 
■ 問合せ窓口(カスタマーセンター)
・顧客の状況を確認するために積極的に質問があったり、アプリの体験版を案内してくれたりと、前向きで協力的な姿勢がある。
・顧客に合わせて具体例を挙げながら分かりやすく案内をしてくれ、接し方や話し方に親しみを覚える。
・最後まで話を聞いてくれる。
 
 
※ 評価結果の詳細は、2020年11月4日付HDI-Japan発表資料(HDI社のサイトにリンクします)をご参照ください。

 

(*1) HDIは1989年に設立された、ITサポートサービスにおける世界最大のメンバーシップ団体で、中立性・公平性・公開性を重視した運営を行っています。現在、米経済誌フォーチュン・世界企業上位の多数が加盟し、世界中に100支部/地区会を有しています。
 
(*2)「HDI 格付けベンチマーク」は、一般消費者の審査員および専門の審査員が、顧客視点で各企業の「Webサポート(ウェブサイト)」と「問合せ窓口(カスタマーセンターやコールセンター)」のパフォーマンスおよびクオリティを評価し、「Webサポート」「問合せ窓口」のそれぞれについて、「三つ星」〜「星なし」の4段階で格付けするものです。
 

 

(注)以上の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。


 
▲ページトップへ

過去のニュースリリース

▲ページトップへ
« ニュースリリーストップへ