文字サイズを変更する
  • 小
  • 中
  • 大

会社情報

 

ニュースリリース(2019年度) 合理的な保険料の自動車保険ならソニー損保

ソニー損保トップ会社情報ニュースリリース

ニュースリリース

前へ | | 次へ
 

AIを活用した運転特性連動型自動車保険「GOOD DRIVE」販売開始

2020年03月18日
 

スマートフォンで計測した運転特性データから事故リスクを推定し その結果に応じて、保険料を最大30%キャッシュバックします。

 

ソニー損害保険株式会社(代表取締役社長:丹羽 淳雄、本社:東京都大田区、以下「ソニー損保」)は、スマートフォンで計測した運転特性データ(*1)から事故リスクを推定し、その結果に応じて保険料を最大30%キャッシュバックする(*2)運転特性連動型自動車保険「GOOD DRIVE(グッドドライブ)(*3)(*4)」の販売を、2020年3月18日に開始します。

「GOOD DRIVE」は、自動車保険の本来の役割である万一の事故時の補償やサービスの提供のみならず、AI等の先進技術の活用により、事故リスクの低い運転をされたお客様にキャッシュバックのインセンティブを提供することで、お客様の事故リスクの低減、ひいては交通事故の少ない社会の実現への貢献を目指す、自動車保険の新たな価値を提供するモビリティ・サービスと考えています。

20020318-2_01.png

GOOD DRIVE専用サイト⇒ https://www.sonysonpo.co.jp/auto/good-drive/
ご契約の見積り・申込みは、スマートフォンの「GOOD DRIVE」専用サイトでお手続きいただきます。
 

【お客様の運転特性を計測するための「GOOD DRIVEアプリ」と「GOOD DRIVEデバイス」】

20020318-2_03.JPG


「GOOD DRIVE」の主な特長は、次のとおりです。20020318-2_04.JPG


■ GOOD DRIVEアプリでの運転特性の計測とキャッシュバック率
GOOD DRIVEアプリ(以下、専用アプリ)で計測される運転特性データは、「走行時間」「アクセル」「ブレーキ」「ハンドル」「走行中のスマートフォン操作の状況」から構成されます。
保険始期日以降に計測される全ての運転特性データから事故リスクを推定してスコア化し(以下、「運転スコア」)、運転スコアに応じてキャッシュバック率を決定します。キャッシュバック率は最大30%で、全部で5段階(*5)です。

なお、キャッシュバック率は、年齢や等級には関係なく「運転スコア」のみで決まります。そのため、「20歳代の方が運転する」「等級が進行していない」といった保険料が高くなりがちなお客様や、すでに20等級で等級割引が増えないというお客様も、事故リスクの低い運転をしていただくことで保険料の節約が可能です。



■ 期待できる事故リスクの低減効果
専用アプリでは、現在の運転スコアに加えて、運転スコア向上のためのアドバイスや走行経路、運転スコアに影響するような操作をした地点の確認が可能です。お客様がこれらを参考に運転スコア向上を目指した運転を心掛けることで、キャッシュバック率をアップさせるとともに、自然に事故リスクが低減していくことも期待できます。

20020318-2_05r.JPG

 

20020318-2_07.png■ お客様の使い勝手を考慮した仕様
スマートフォンの操作などの煩わしさを極力減らすため、お客様の運転特性は、ソニー損保が提供する専用アプリと、ご契約後に当社から送付する「GOOD DRIVEデバイス(以下、専用デバイス)」により、自動で計測される仕様としました。
専用デバイスを契約車両のアクセサリーソケットに挿入いただくと、車の運転中はBluetoothの電波をスマートフォンに発信します。専用アプリは専用デバイスの電波を受信すると計測を開始し、電波が止まると計測を終了します。
なお、専用デバイスにはUSBポートも用意し、スマートフォンの充電も可能です。


20020318-2_08.png■ もしものときの「緊急ボタン」
万が一の事故や車のトラブル時のサポートをさらに手厚くする「緊急ボタン」を専用デバイスに搭載しました。「緊急ボタン」を押していただくことで、専用アプリに緊急連絡先が表示されすぐに電話ができるとともに、お客様の位置情報や契約情報が専用アプリからソニー損保の事故受付担当者に連携されるため、当社へのご連絡がよりスムーズになります。

 




「GOOD DRIVE」は、ソニー損保がこれまで蓄積してきた保険商品・サービスの開発における知見に加え、ソニーグループが保有するAIやセンシング、クラウドコンピューティングなどの技術を用いることで実現したスマートフォン専用の運転特性連動型自動車保険です。昨今の保険サービスにおいて、先進テクノロジーの活用は必要不可欠となっていますが、ソニーグループ各社との協業により幅広いテクノロジーのサポートを得られることは、他の保険会社にはないソニー損保の強みの一つです。

今後も、「GOOD DRIVE」をはじめとする先進テクノロジーを活用したサービスの提供により、お客様にとって一層納得感のある保険料で補償や高品質なサービスを提供するとともに、お客様の事故リスク低減を通じた交通事故の少ない社会の実現への貢献と、お客様に価値を感じていただけるモビリティ・サービスの提供を目指します。

 

(*1)ここでは、「アクセル、ブレーキ、ハンドル、スマートフォンの操作状況」を「運転特性」と称しています。これらの運転特性を計測し、事故リスクの度合いを「運転スコア(100点満点)」として表示します。
(*2)保険料のキャッシュバックにあたっては、「保険始期日より270日以上が経過していること」「累積の計測時間が20時間以上であること」「キャッシュバックが0%でないこと」を満たすことを条件としています。
(*3)「GOOD DRIVE」はソニー損保の登録商標です。
(*4)「GOOD DRIVE」は、ソニー損保の自動車保険に特約(特約名:やさしい運転特約)をセットした商品です。同特約の詳細は、参考資料4ページ目をご参照ください。
(*5)運転スコアに応じたキャッシュバック率の一覧は、参考資料2ページ目をご参照ください。

 

「運転計測 体験版」について20020318-2_02r.JPG

専用アプリでは、運転特性の計測を無料でお試しいただける「運転計測 体験版」を提供していますので、ご自身の運転特性の計測結果 (運転スコア)を確認してから、「GOOD DRIVE」のお申込みを検討することができます。
専用アプリのダウンロードサイトには、右のQAコード(App Store、Google Play共通)からアクセスいただけます。

【運転計測 体験版に関するご注意】
・  実際の「運転スコア」は、保険始期日以降に計測される全ての運転特性データをもとに事故リスクを推定したものとなるため、1回の走行データで事故リスクを推定する体験版の「運転スコア」とは異なる場合があります。
・ 「運転計測 体験版」での計測結果は保険契約へは引継げず、保険加入後に改めて計測を開始します。
・ 「GOOD DRIVE」にご契約いただき専用デバイスを挿入した後は、自動で運転特性を計測しますが、「運転計測 体験版」は専用デバイスがないためご自身で計測開始/終了の操作をしていただきます。

 

20020318-2_09.JPG

20020318-2_00.gif 本ニュースリリースに関する参考資料


 

(注)以上の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。


 
▲ページトップへ

過去のニュースリリース

▲ページトップへ
« ニュースリリーストップへ