文字サイズを変更する
  • 小
  • 中
  • 大

会社情報

 

ニュースリリース(2015年度) 合理的な保険料の自動車保険ならソニー損保

ソニー損保トップ会社情報ニュースリリース

ニュースリリース

前へ | | 次へ
 

「熊本コンタクトセンター」業務開始(2015年7月1日から)

2015年06月23日
 

ソニー損害保険株式会社(東京都大田区、代表取締役社長:丹羽 淳雄、以下「ソニー損保」)は、熊本県熊本市に設置した「熊本コンタクトセンター」での業務を、2015年7月1日午前9時から開始する予定です。

20150623_01r.JPGソニー損保のコンタクトセンターは、お客様からの自動車保険や医療保険に関するお問合せ・ご相談に電話やメールで対応するほか、契約手続や契約後のケアなど、幅広いカスタマーサポート業務を担当しており、現在は東京都(東京コンタクトセンター)と北海道(札幌コンタクトセンター)で運営しています。今回の熊本コンタクトセンターでの業務開始により、3センター体制で(*1)、お客様の待ち時間短縮やきめ細かな対応など、お客様サービス品質の一層の向上を図ります。

熊本コンタクトセンターは、2015年7月1日時点では約60ブースで業務を開始しますが、2015年度中に約100ブース規模に、2017年度までには約200ブース規模に拡大する計画で、引続き、地元での採用を行っていく予定です。
熊本市は、九州3番目の政令指定都市で労働人口も多く、また、熊本県・熊本市の両自治体からご支援がいただけることから(*2)、高品質なお客様サービス提供のための人材を安定的に確保できるものと考えております。また、大規模災害が発生した時に、被災場所にかかわらずお客様へのサービスを迅速かつ確実に提供できる体制を整えることで、事業活動継続性の一層の強化を図ります。

 

ソニー損保は、コンタクトセンターにおけるお客様サービス品質の一層の向上とともに、スローガンである『“Feel the Difference”~この違いが、保険を変えていく。~』のもと、お客様に「ソニー損保ならではの違い」を感じていただけるような商品・サービスの提供に向け、引続き取組みを進めます。


(*1) 事故対応は、サービスセンター(全国25拠点)が担当しています。コンタクトセンターでは事故対応は行わず、保険商品に関する電話・メールによる問合対応やコンサルテーション、契約に関するカスタマーサポート業務を担当します。

(*2) 2015年1月7日に、熊本県の立会いにより、熊本市と立地協定を締結しました。

 


熊本コンタクトセンター概要

1. 名称
 熊本コンタクトセンター

2. 業務内容
自動車保険における、電話やメールによる問合対応やコンサルテーション、契約に関するカスタマーサポート業務

3. 業務開始
 2015年7月1日(水)午前9時から

※ 2015年4月1日付で約60名の社員を迎え、3ヵ月にわたり、保険業務や顧客対応の研修などの業務開始に向けた準備を進めました。

4. 規模/要員
 2015年7月1日時点:約60ブース/約60名。熊本コンタクトセンター全体で、217坪(718㎡)。
※ 2015年度中に約100ブース規模に、2017年度までに約200ブース規模に拡張予定です。
※ 規模拡大に伴い、継続的に地元からの採用を予定しています。

5. 所在地
熊本県熊本市中央区花畑町12-28 アペックスビル


20150623_02.JPG


 

(注)以上の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。


 
▲ページトップへ

過去のニュースリリース

▲ページトップへ
« ニュースリリーストップへ