« 前へ |

自動車保険見積り時の事前取付書類の一部は廃止について

ソニー損保 カスタマーセンターの原です。

今回は、自動車保険見積時の事前取付書類を一部廃止した取組み(試行運用中)について報告いたします。

「中断証明書(*)」を適用した自動車保険のお見積りを行う場合、これまでは、お客様から「中断証明書」を事前にFAXでお送りいただき、その内容を確認した上でお見積りを行う手順としていました。

これは、「中断証明書」を適用して保険料を試算する場合、一般的なお見積りにくらべ確認させていただく項目が多く、お見積り完了までに時間がかかることや、弊社の事務ミス防止の観点からルール化されたオペレーションでした。

しかしながら、「保険料を知りたいだけなのに、わざわざFAX送信までするのは煩わしい」とのご意見も頂戴しておりました。そこで、FAXの事前のご提出をお願いせずに保険料をご案内するためにはどうしたら良いか、オペレーションの改善方法を様々な切り口から検討いたしました。

その結果、お客様からの情報聴取方法の工夫や事務ミス防止のためのチェック方法等を見直すことで、事前に中断証明書をFAXいただかなくても、お見積りが可能となる改善策を開発いたしました。現在、一部で試行運用を行っているところでありますが、全面運用に向けて取組んでまいります。

今後も、お客様の声に耳を傾け、お客様の利便性向上や顧客対応品質の向上に向けて取組んでまいります。

(*)中断証明書:保険期間中にお車を廃車、譲渡された場合等、ご契約を一旦中断し、中断後の新たな契約において、「中断前に適用されていたノンフリート等級」でご契約いただける「中断制度」があります。中断時にご加入されていた保険会社が発行する書類を指します。

この記事へのトラックバックURL

http://from.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/111384

※トラックバックしていただいても、場合によりこの一覧ページへの掲載はと りやめさせていただく場合があります。あらかじめご了承ください。