Menu

PCサイトトップヘ

ソニー損保トップトピックス2015年度 > 次世代認定マーク「くるみん」、2度目の取得

トピックス

ニュースリリース

ソニー損保からのお知らせ

2015年度トピックス

以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。
以下の内容は掲載当時のもので、
現在と異なる場合がございます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前へ | | 次へ
2015年09月08日

次世代認定マーク「くるみん」、2度目の取得

〜「仕事」と「子育て」を両立できる職場環境づくりに、継続して取組んでいます。〜

くるみん
ソニー損害保険株式会社(URL:http://www.sonysonpo.co.jp/ 本社:東京都大田区蒲田5-37-1 アロマスクエア11F、代表取締役社長 丹羽淳雄)は、2015年8月18日付で、厚生労働省東京労働局より社員の「仕事」と「子育て」の両立を支援している「子育てサポート企業」として、2012年に引続き2度目の認定を受け、次世代認定マーク「くるみん」(※)を取得しました。

当社は、社員のワーク・ライフ・バランスの実現を推進しており、社員のニーズの確認や具体的施策検討のための社内プロジェクト運営などを通じ、各種制度を導入・整備してきました。このたびの「くるみん」取得は、社内プロジェクトでの検討を経て2012年度に策定した以下の行動計画やその実施に向けた取組みなどが、厚生労働省から認定されたものです。

 


【2012年度に策定した、仕事と子育ての両立支援に関する行動計画」】

1. 行動計画期間
2012 年4月1日から2015月3月31日

2. 主な行動計画と実施内容

主な行動計画と実施内容



お客様により良い商品やサービスを提供していくためにも、今後も、ワーク・ライフ・バランス実現を推進し男女ともに従業員満足を高められるよう、そして、さらに働きやすい職場環境が作れるよう、積極的に取組んでいきます。


<本文の注記>

※ 次世代認定マーク「くるみん」は、次世代育成支援対策推進法に基づき十分な対策を行っていることを厚生労働省から認定された場合に、その商品やサービスなどに表示できるものです。次世代育成支援対策推進法とは、急速な少子化の進行や家庭・地域を取巻く環境の変化に対し、従業員が「仕事」と「子育て」を両立できる職場環境の整備を事業主に義務づける法律で、2005年4月に施行されました。事業主は次世代育成支援のための具体的な計画を策定し厚生労働省に届出ることが義務づけられています。

〜「仕事」と「子育て」を両立できる職場環境づくりに、継続して取組んでいます。〜

ソニー損害保険株式会社(URL:http://www.sonysonpo.co.jp/ 本社:東京都大田区蒲田5-37-1 アロマスクエア11F、代表取締役社長 丹羽淳雄)は、2015年8月18日付で、厚生労働省東京労働局より社員の「仕事」と「子育て」の両立を支援している「子育てサポート企業」として、2012年に引続き2度目の認定を受け、次世代認定マーク「くるみん」(※)を取得しました。

当社は、社員のワーク・ライフ・バランスの実現を推進しており、社員のニーズの確認や具体的施策検討のための社内プロジェクト運営などを通じ、各種制度を導入・整備してきました。このたびの「くるみん」取得は、社内プロジェクトでの検討を経て2012年度に策定した以下の行動計画やその実施に向けた取組みなどが、厚生労働省から認定されたものです。

【2012年度に策定した、仕事と子育ての両立支援に関する行動計画」】

1. 行動計画期間
2012 年4月1日から2015月3月31日

2. 主な行動計画と実施内容
<添付画像をご参照ください>

 

お客様により良い商品やサービスを提供していくためにも、今後も、ワーク・ライフ・バランス実現を推進し男女ともに従業員満足を高められるよう、そして、さらに働きやすい職場環境が作れるよう、積極的に取組んでいきます。
<本文の注記>

※ 次世代認定マーク「くるみん」は、次世代育成支援対策推進法に基づき十分な対策を行っていることを厚生労働省から認定された場合に、その商品やサービスなどに表示できるものです。次世代育成支援対策推進法とは、急速な少子化の進行や家庭・地域を取巻く環境の変化に対し、従業員が「仕事」と「子育て」を両立できる職場環境の整備を事業主に義務づける法律で、2005年4月に施行されました。事業主は次世代育成支援のための具体的な計画を策定し厚生労働省に届出ることが義務づけられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

FEEL THE Difference この違いが、保険を変えていく。