Menu

PCサイトトップヘ

ソニー損保トップトピックス2011年度 > ガン重点医療保険SUREに、先進医療費保障特約を追加しました。

トピックス

ニュースリリース

ソニー損保からのお知らせ

2011年度トピックス

以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。
以下の内容は掲載当時のもので、
現在と異なる場合がございます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前へ | | 次へ
2011年04月04日

ガン重点医療保険SUREに、先進医療費保障特約を追加しました。

 

2011年4月4日付で、ガン重点医療保険SURE〈シュア〉を改定しました。(*)

今回の改定による主な変更点は、すべてのプランに「先進医療費保障特約」と「入院時の手術保障範囲拡大特約」を自動付帯したことで、これにより、お客様の病気やケガの治療における金銭面での負担の一層の軽減を目指します。


今回新たに追加した特約

◆ 先進医療費保障特約(通称:先進医療保険金)
厚生労働大臣の定める先進医療による療養を受けられた場合、技術料と同額を先進医療保険金としてお支払いします。ただし、通算1,000万円が上限です。
先進医療の技術料は公的医療保険の適用外のため全額自己負担となりますが、SUREにご加入いただくことで、高額になりがちな最新の医療技術を用いた治療に備えることができます。

◆ 入院時の手術保障範囲拡大特約(通称:入院時手術保険金)
手術保険金をお支払いする対象を拡大し、約款で定めた所定の手術だけではなく、入院を伴う健康保険対象の手術についても、手術保険金をお支払いします。なお、保険金額は、1回の手術につき5万円です。


(*)  保険始期日が2011年7月1日以降となるお客様が対象となります。

ガン重点医療保険SUREは、充実した保障を手頃な保険料で提供する、終身型の医療保険商品です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

FEEL THE Difference この違いが、保険を変えていく。