Menu

PCサイトトップヘ

ソニー損保トップトピックス2009年度 > 「そらべあペーパークラフト」の開発をスタート!

トピックス

ニュースリリース

ソニー損保からのお知らせ

2009年度トピックス

以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。
以下の内容は掲載当時のもので、
現在と異なる場合がございます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前へ | | 次へ
2009年08月20日

「そらべあペーパークラフト」の開発をスタート!

ソニー損保はエコロジーサイトにおいて、「そらべあペーパークラフト」の開発をスタートしました。

ソニー損保では、2009年3月2日よりお客様参加型の環境保全活動「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」(*1)を実施しています。
このプログラムは、自動車保険の「保険料は走る分だけ」とする年間走行距離に応じた保険料算出の仕組みを活かし、自動車保険ご契約者の走らなかった距離に応じた額を「そらべあ基金」(*2)に寄付するものです。

「そらべあ基金」のイメージキャラクター「そらべあ」が大きな人気を集めており、当社エコロジーサイトで無料配布している「そらべあブログパーツ」が予想以上に多くの方にご利用いただいております。

そこでこの「そらべあ」人気にお応えして、このたび「そらべあペーパークラフト」を開発し、その開発の様子をエコロジーサイトのスタッフブログにおいてお伝えしていくこととしました。
(「ペーパークラフト」とは紙を素材として作る模型です。)

「そらべあペーパークラフト」の開発の様子から完成するまでをどうぞお楽しみください。

エコロジーサイト スタッフブログ
http://ecology.sonysonpo.co.jp/report/blog/

初回記事:「そらべあ新企画スタート!」
http://ecology.sonysonpo.co.jp/report/blog/2009/20090817_484.html


(*1)「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」とは
「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」とは、「ほんの少しだけ、地球にやさしいカーライフをしてみよう」というエコアクションのご提案です。私たちの生活で無くてはならないクルマとのかかわりを「ほんの少し」見直してみて、地球環境への負荷を少しでも軽減していこうというプログラムです。

具体的には、ご契約者の皆様にECOを意識したカーライフを心がけていただきます。その結果、予想走行距離(契約距離区分)より、「実際に走った距離」が少なかった場合、クルマの運転によるCO2排出量が予想より減りますので、ご契約者は環境保全に貢献されたと考えます。
ソニー損保では、ご契約者の環境保全への貢献に呼応する形で、 予想より走らなかった距離「100kmにつき1円」の寄付(※)を「そらべあ基金」に行い、全国の幼稚園・保育園に太陽光発電施設を設置していきます。

※ お客様から寄付をしていただくのではなく、ソニー損保が寄付を行います。
※ くりこし割引は従来どおりで割引額には変更ありません。
URL http://ecology.sonysonpo.co.jp/


(*2) 「NPO法人そらべあ基金」とは
ホッキョクグマのキャラクター「そらべあ」をシンボルに、地球温暖化防止のため、風や太陽のエネルギーを使って発電されたグリーン電力の普及活動や、未来を担う子どもたちへの環境教育を行うNPO法人です。
URL http://www.solarbear.jp/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

FEEL THE Difference この違いが、保険を変えていく。