Menu

PCサイトトップヘ

ソニー損保トップニュースリリース2010年度 > 2011年(平成23年)3月期 第3四半期(9ヵ月累計)の主要業績のお知らせ

トピックス

ニュースリリース

ソニー損保からのお知らせ

2010年度ニュースリリース

以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。
以下の内容は掲載当時のもので、
現在と異なる場合がございます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前へ | | 次へ
2011年02月14日

2011年(平成23年)3月期 第3四半期(9ヵ月累計)の主要業績のお知らせ

ソニー損害保険株式会社(東京都大田区、代表取締役社長:山本真一、以下「ソニー損保」)の平成23年3月期第3四半期(平成22年4月1日~平成22年12月31日)の主要業績について、別紙(PDF)にてお知らせします。なお、業績の状況は以下のとおりです。

 


(別紙)
・四半期貸借対照表・・・・・・・・・・・・・ P1
・四半期損益計算書・・・・・・・・・・・・・ P2
・当四半期の損益状況・・・・・・・・・・・ P3
・種目別保険料・保険金・・・・・・・・・・ P4
・ソルベンシー・マージン比率・・・・・・ P5




業績の状況


20110214_01.jpg◆ 正味収入保険料は順調に増加

主力商品の自動車保険における保有契約件数が増加した結果、正味収入保険料は前年同期より9.1%増の54,993百万円となりました。自動車保険とガン重点医療保険を合わせた保有契約件数は平成22年12月末で136万件となっています。

また、経常利益は、前年同期から28.0%増の2,316百万円、四半期純利益は19.5%増の1,428百万円となりました。


◆ コンバインド・レシオは引続き低水準を維持

正味損害率は、自動車保険の事故発生率の上昇の影響などにより、前年同期から3.5ポイント上昇して59.8%となりました。一方、正味事業費率は、正味収入保険料の増加に対する事業費の増加が抑えられたことにより0.5ポイント低下して25.0%となりました。その結果、正味損害率と正味事業費率を合わせたコンバインド・レシオは前年同期から2.9ポイント上昇し84.7%となりましたが、引続き低水準を維持しています。


◆ 十分な支払余力の保持(ソルベンシー・マージン比率)

ソルベンシー・マージン比率は、平成22年12月末現在で平成22年3月末より7.7ポイント低下して1,010.8%となりました。保険金の支払能力に問題がないとされる基準である200%を超える、十分な支払余力を保持しています。

* ソルベンシー・マージン比率の算出方法や内訳については、別紙(P5)をご確認ください。

 

※当社が四半期業績の公表を開始したのは平成20年3月期第3四半期以降のため、グラフに平成20年3月期以前の四半期業績を表示しておりません。
※当社の業績は、日本の会計処理の原則ならびにその手続きおよび表示方法(以下「会計原則」)に準拠して作成しており、その会計原則は当社の親会社であるソニー株式会社が開示する連結業績の準拠する米国の会計原則とは異なります。

 

20110214pdf.gif平成23年3月期(2010年度) 第3四半期 決算概要(別紙)
 





 

 ソニー損保のスローガンは『"Feel the Difference"~この違いが、保険を変えていく。~』です。
お客様にとって価値ある「違い=Difference」をビジネスのあらゆる領域において創造し、お客様に提供していこうという私たちの意思を表しています。

また、お客様にとって少しでも価値ある情報を提供できるよう、「
お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト」を設置して、お客様の評価お客様の声担当者の取組み(不満ゼロへの挑戦)保険に関するさまざまな情報(保険プロムナード)を提供しています。ソニー損保ならではの違いを感じていただければ幸いです。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

FEEL THE Difference この違いが、保険を変えていく。