Menu

PCサイトトップヘ

ソニー損保トップニュースリリース2007年度 > ガン重点医療保険SURE<シュア>の保険料算出における端数処理の誤りについて

トピックス

ニュースリリース

ソニー損保からのお知らせ

2007年度ニュースリリース

以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。
以下の内容は掲載当時のもので、
現在と異なる場合がございます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前へ | | 次へ
2007年12月18日

ガン重点医療保険SURE<シュア>の保険料算出における端数処理の誤りについて

ソニー損害保険株式会社(社長:山本真一)は、弊社ガン重点医療保険SURE<シュア>において、保険料算出における保険料率の端数処理の誤りにより、129件(533,000円)の保険料の過大領収が生じていたことが判明しましたのでご報告いたします。
お客様に多大なるご迷惑をお掛けしましたこと、心より深くお詫び申し上げます。

なお、保険料の過大領収が生じておりましたお客様には早急に返金させていただくべく、手続きを進めております。
また、今般の事態の重大性を認識して再発防止策を講じ、今後このような事態を生じさせないよう鋭意努めてまいります。 


1. 事態判明の経緯と状況

本年8月に実施した弊社内部監査により、ガン重点医療保険SURE<シュア>(以下、SURE)において、129件の保険料算出時の端数処理の誤りによる保険料過大領収が生じていたことが判明いたしました。

過大領収額は合計533,000円、1件あたりの平均返金額は4,132円(最高6,400円、最低300円)となっております。


2. 原因と再発防止策

SUREの保険料算出システムに、保険料率の端数が誤って処理された数値を適用していたことが原因です。これは、2002年5月のSURE販売開始に向けた保険料算出システム構築時における、商品開発担当部門内でのチェックに不十分なところがあったために生じました。

商品開発態勢強化には継続的に取組んでいることもあり、2002年5月より後に構築した各種商品の保険料算出システムにおいて誤りは生じておりませんが、このような事態を再発させることのないよう、今後も、商品開発担当部門内チェックやシステム部門との連携によるチェックの徹底など、商品開発態勢の一層の強化に努めます。


3. お客様への対応

保険料の過大領収が生じていたお客様には、弊社からご連絡をさしあげ返金手続を進めます。


4. 本件に関するお客様のお問合せ先

保険料の過大領収が生じていたお客様には、弊社からご連絡をさしあげ、お客様専用窓口(カスタマーセンター医療保険グループ)で対応させていただいております。

また、そのほかのお客様からのお問合せについては、以下のお客様相談室で承っておりますので、ご案内申し上げます。

   【お客様相談室】  0120-101-656
         
*受付時間:午前9時~午後5時30分、土・日・祝日を除く
          *携帯電話・PHSからもご利用いただけます。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

FEEL THE Difference この違いが、保険を変えていく。