お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

ソニー損保

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

コエキク質問箱

その他

テレビのCMの回数が過剰ではないか2012年12月21日更新

テレビのCMが頻繁で多すぎると思う。
貴社のブランド力(保険対応の良さ等)では、流さないほうが、広告コスト的、信頼性が逆に出てくると思う。
あの、貴社のグループ会社のソニー生命は広告をほとんど流していない。○○生命は徹底して広告を流していませんよね。
ソニー損保は、良さがわかる人にはわかると思います。(山梨県 こういち様)

回答

ダイレクトマーケティング部 荒尾謙一がお答えします。

こういち 様
ご契約いただきましてありがとうございます。また、このたびはご意見をお寄せいただき、弊社を評価くださっているお言葉もいただいてたいへん光栄です。

さて、弊社の営業活動は主に広告出稿等を活用した通信販売であり、生命保険会社が主に営業職員や保険代理店を通じて対面販売している形態とは異なります。
通信販売では、広告等によってお客様に直接商品やサービス内容を告知し、お客様自らの意志でコールセンターにお電話いただいたりウェブサイトにアクセスしていただくことになります。
そのため、生命保険会社が主に社名や商品名の認知度向上を目的として宣伝するのに比べて、相対的に広告量が多くなりがちです。
なにとぞご理解いただきますよう、お願いいたします。

ソニー損保に関してのご意見を何でもお聞かせください。
お客様ひとりひとりの声を大切に、これからもより良い商品やサービスをお届けしたい。
あなたの声が、ソニー損保を変えていきます。

ページTOPへ


コエキク質問箱
  • カスタマーセンターについて
  • 保険商品について
  • 事故時の対応について
  • ロードサービスについて
  • ウェブサイトについて
  • コミュニケーションサイトの内容について
  • その他
  • コエキク改善レポートはこちら お客様のご意見・ご要望に対する、改善への取組みから結果に至るまで継続してご報告します。
  • コエキク増刊号 改善への取組を特集記事でご紹介!
  • ソニー損保の品質方針
コミュニケーション
  • ソニー損保公式 Facebook
  • ソニー損保公式 Twitter
  • 幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム
  • ソニー損保のYouTube 公式チャンネル