お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

ソニー損保

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

コエキク質問箱

事故時の対応について

全損事故だったのに車両保険金額が満額出なかったのはなぜでしょうか2016年04月08日更新

もらい事故にあって車が全損になりました。しかしながら、相手の保険会社から受取った金額は、車両保険金額よりも低い額でした。相手から賠償されるときは時価額が上限になると聞きました。車を査定するときの時価額ってどのように調べているのでしょうか。(三重県・匿名)

回答

損害サービス業務部 小川が回答いたします。

このたびは、被害事故にあわれたことお見舞い申し上げます。
まず、相手方から賠償を受ける場合の自動車の時価額は事故にあわれた自動車と同一車種、年式、使用状況、走行距離などの自動車を中古車市場において取得するために必要な価格に応じて個別に認定します。(※)

一方、車両保険における車両保険金額はご契約される自動車に応じて「自動車保険車両標準価格表」と呼ばれる冊子で設定されている価格の範囲内から確定します。
例えば標準価格が100万円~150万円と設定されている場合は100万円~150万円の間で車両保険金額を確定することになります

上記のように、時価額の認定方法と車両保険金額の設定方法は異なることから、両者は必ずしも一致せず、車両保険金額が時価額を上回る場合もございます(もちろん逆のケースもございます)。

(※)ご参考
認定においては中古車の平均価格を掲載した冊子やインターネットにおける中古車情報サイトなどを参考にします。

 

 

関連サイト
修理費が時価(現在の車の価値)を超える場合を「 全損 」といいます。 全損 の場合、修理費ではなく現在の車の価値に相当する金額(時価額)が加害者側から支払われることになります。 例えば、自分にまった...
) 全損 の場合 (修理費が時価額以上となる場合や、盗難され発見できなかった場合または修理できない場合) 時価額 - 免責金額(自己負担額) 5,000円 分損の場合 (修理費が時価額未満となる場合)...
対物賠償の詳細を見る 対物超過修理費用 ここがポイント 基本の補償 相手車の修理費が時価額を超える場合に、その差額を補償します。 ソニー損保の対物賠償には対物超過修理費用がついています。 時価額の低...
なお、損害が生じた物の時価を超える修理費や、自分の責任を超える分については、法律上の損害賠償責任を負いませんので、法律上の損害賠償責任を補償の範囲とする 対人賠償 保険・ 対物賠償 保険では、お支払...
 

 

ソニー損保に関してのご意見を何でもお聞かせください。
お客様ひとりひとりの声を大切に、これからもより良い商品やサービスをお届けしたい。
あなたの声が、ソニー損保を変えていきます。

ページTOPへ


コエキク質問箱
  • カスタマーセンターについて
  • 保険商品について
  • 事故時の対応について
  • ロードサービスについて
  • ウェブサイトについて
  • コミュニケーションサイトの内容について
  • その他
  • コエキク改善レポートはこちら お客様のご意見・ご要望に対する、改善への取組みから結果に至るまで継続してご報告します。
  • コエキク増刊号 改善への取組を特集記事でご紹介!
  • ソニー損保の品質方針
コミュニケーション
  • ソニー損保公式 Facebook
  • ソニー損保公式 Twitter
  • 幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム
  • ソニー損保のYouTube 公式チャンネル